« 2019年9月 | トップページ | 2020年4月 »

2019年10月

2019年10月 8日 (火)

2019年10月06日

2019年10月06日
 〇昨日誕生会をやりましたが、今日が私の75歳の誕生日です。正真正銘後期高齢者になりました。今日をもって、「六さんの日記」をブログに上げることを止めようと思います。令和になる時に、1度止めようかと思ったのですが、読んで下さっている人達の声援もあり、半年近く、続けてきました。ブログは、誰でも読むことが出来るので、公的な人以外は、個人名を出さないなど、色々気遣いが必要ですし、極端な意見も出せないなど、気楽に書けません。それが若干負担でした。
 〇最近、体力と頭の衰えを痛切に感じています。年々、この傾向は強まるでしょうから、元気で生きていられるのは、せいぜい5年だと思っています。残された時間が短くなると、あれもやりたい、これもやりたいと気持ばかりが焦ってしまいます。本当の意味で、終活の時期に入ったと思います。
〇終活として何をやるか、その1つは、一般的な資産の整理と、長男から頼まれた、「絵画など、持ち物の謂われを残して欲しい」との要請に応えることです。世界のあちこちに行って、色んな物を買ったり、貰ったりしました。その数は、半端ではないので、結構時間が掛かると思います。しかし、やって置かなければならないと思っています。
〇2番目は、ファミリーヒストリーに興味が湧いています。どうも我が家の先祖は、潜伏キリシタンだったと思われる節が多く、既に弟と協力して、調査を始めていますが、今後、更にきちんと調べて見ようと思います。
〇3番目は、父の生涯を何等かの形で、記録に残したいと思っています。まだ私の想像の段階ですが、父は、カトリックの神父になる予定ではなかったかと思われます。長崎から東京の暁星中学に行ったことから、種々疑問が湧いています。日本が、戦時体制に移行する中で、カトリックに対する締め付けが厳しくなり、大学は駒澤大学に行ったと思われます。その後、兵隊に招集され南方戦線にも参加しています。日本の最も大変な時期を生きたような気がしています。色んな事情があり、父は自分の人生を、私に語ることは、殆どありませんでした。良く調べて、戦争の記憶として、残しておきたいと思い始めました。
〇4番目は、私の人生観を変えたメキシコ時代と、その当時知り合った人々、メキシコでの出来事を、私の記憶だけでは無く、外に出して記録したいと思っています。「メキシコ思い出の日記」のようなものです。
〇5番目は、これまでに書いてきたものを、本に出来たら良いなと思っています。写真も沢山撮りましたし、和歌擬きも1万首を越えたのではないかと思います。この点は、お金も掛かるので、出来るかどうかは、分りません。

日記を止めることで、随分楽になるとは思いますが、今日、末の孫が、我が家のベランダで、蝶の蛹を発見し、私に教えてくれました。これまで私は、芋虫の時は知っていても、我が家では、蛹にはならないのではないかと思い込んでいました。そうではなく、ちゃんと蛹になり、蝶として我が家から巣立っていたのだということを、孫に教えられました。また、単に色抜けがしたのかも知れませんが、白花の梅雨草を見つけました。日記をブログに上げなければ、このような毎日のエピソードを、他の人に伝えられない残念さを、味わうことになるだろうと思います。

| | コメント (0)

2019年10月 6日 (日)

2019年10月01日

2019年10月01日
 〇季節は、中秋に入りましたが、真夏日となってしまいました。台風18号が、熱い空気を連れてきたのだそうです。それにしても、心地よい季節である春と秋が、とても短くなりました。
 〇今日は、大学の体育会の同期の集まり(38会)が、午後1時から、大学の同窓会室でありました。役立たずではありますが、幹事の一人なので、12時半には、大学へ行きました。既に他の幹事は来ていて、会場の設営、料理の準備も終わりつつありました。ケイタリングの他に、女性の幹事が用意する料理もあったのです。
 〇1時から、会は始まりましたが、昨年は20名以上集まったのに、今年は15名程度でした。体調が悪い人とか、種々問題があるようです。全員、後期高齢者ですから、問題がない方がおかしいでしょう。しかし、集まった連中は、1年振りの再会を、存分に楽しんでいました。何せ人生が一番楽しかった時期の仲間ですから、その時代の思い出話は、語り尽くせないのです。2時半になった頃から、個々人の近況報告が始まりました。我々の年代が集まる何処の会でも、年寄りの話は、長くなります。今日も、何時まで続くのか、心配になる人が、何人かいました。心配は希有に終り、3時頃会は終了しました。
 〇一応会場は片付けたのですが、ケイタリング会社から、食器類の引き取りが中々来ません。会場の係の人に聞いたら、会場は4時まで借りてあったそうです。ケイタリングの会社が来るのは、4時過ぎてからだと言われました。仕方ないと言うべきか、嬉しいと言うべきか、会場横の広間で、2次会になりました。
 〇4時半くらいに2次会も終り、最近、カラオケの練習に精を出している友人を含め、6人でカラオケに行きました。私のは、歌と言うより怒鳴りでしたが、皆我慢して聞いてくれました。遠く関西から来た友人も加わりました。今日、関西から来た友人は、何だか元気がありませんでした。難聴が酷くなり、補聴器を付けても、相手の話が良く聞こえないようでした。加齢は、様々な問題を引き起こしますが、これは生きる者の定めでしょう。
 〇カラオケも8時頃には終り、比較的早く家に帰ることが出来ました。今日から、消費税が10%になり、319円だった京王線の新宿―聖蹟桜が丘の運賃が、スイカ払いで319円から325円になっていました。

10月02日
 〇今日も暑くなりました。何時になったら秋らしくなるのでしょうかね-。今日は、3日分の日記を書いて、その前に書いていた分と合わせて、ブログに投稿しました。午後1時頃まで掛かってしまいました。その後、もう大分前になりますが、我が家のフローリングの掃除をしてくれた娘に電話して、掃除の仕方を教わり、洗面所の床の拭き掃除をしました。次男が旅行中なので、自分のペースで色んな事がやれるのです。黒ずみが広がっていたのが、真っ白い床に変わりました。綺麗だというのは、気持の良いものですねー。
 〇2時過ぎから、散歩に出ました。多摩川の土手の道から、一つ内側の道を歩いて、中河原公園に行きました。棗の実の様子が気になったのです。公園に着いて、棗の木を見ると、全ての実が真っ赤に染まり、地面にも多数落ちていました。棗は、この所の暑さにも、影響を受けなかったようです。20個ばかり拾って、聖蹟桜が丘まで歩きました。
 〇聖蹟桜が丘で少しだけ買い物をし、バスで我が家に近く迄戻り、四谷下堰緑地を歩きました。緑地全体を埋め尽くすほど、彼岸花が咲いていました。その緑地に夕方の日が差し込み、彼岸花の赤に明暗を付け、とても綺麗な縞模様になりました。光りが作り出す、景色の変化は、どんな変化であれ極上です。
 〇今夜は、久し振りに、我が家の窓から三日月が見えました。今夜は、三日月を見ながらの月見酒になりました。

「空中に 落ち葉留める 蜘蛛の糸 切れても地上 楽しく舞おう」
「真夏日に 赤く輝く 棗の実 木に登って 実を集めたし」
「西日差し 川面に光りの 玉となり 鯉の波紋は 光りのリング」
「西日受け 葉は悉く 銀の皿 花無き枝も 光輝く」
「塀の外 身を乗り出して 花咲かす 未だに夏の 芙蓉の花かな」
「荒れ地にて 西日に輝く 君を見る 荒れ地の王様 狗尾草よ」
「一条の 光差し込む 街の森 赤き縞々 彼岸花の帯」

10月03日
 〇今朝、テレ朝を見ていたら、長崎の青山町で、50年間住民が使用していた私道が、通行禁止になった問題を特集していました。青山町は、以前城山町だった所で、私が生まれ育った所です。現在は、弟が住んでいて、帰崎した時は、何時も泊めて貰っています。テレビに映った場所に見覚えがあったので、弟に電話したら、矢張り、昔の我が家から正面に見える道路でした。長崎は、坂の多い町ですから、一つの道路が使えなくなるだけで、生活に支障を来す人が、出て来ます。今回も、ゴミ収集車やケアハウスの車が入れなくなったり、タクシーも入ることが出来なくなったようです。住民の殆どが年老いているようなので、大きな問題になるでしょう。
 〇今日は、午後6時から、大久保の「ひまわり」という店で、メキシコ会があるらしく参加することにしました。ネットで調べてから行けば良かったのですが、電話番号が分っているので、最後は聞けば良いと、気楽な感じで出かけました。大久保で降りて、新大久保まで歩いて見たのですが、それらしき店は見当たりませんでした。それではと、店に電話して道を聞いたのですが、説明が要領を得ず場所が分りませんでした。仕方なく交番で聞いた所、「大久保通りを真っ直ぐ歩くと、明治通りに出るので、その交差点を左折し暫く歩くと、レクサスの販売所があります。その斜め前に店はあると思います」と教えてくれました。その通りに行くと、簡単に店が見つかりました。丁度6時でした。
 〇参加者は40人くらいでしたが、その中に5日前にゴルフをやった友人も来ていました。この中の1人が、今日の集まりのことを教えてくれたのです。メキシコから来た人の中には、私がメキシコ時代に親しくしていた友人も4人ほど来ており、思わずアブラッソ(メキシコではハグのこと)をして、再会を喜びました。30年振りの人もいました。乾杯の後は、比較的穏やかにビールなど飲んでいたのですが、やがてメキシコ流の派手な飲み方の変わり、テキーラの水割りをがぶ飲みして、すっかり酔ってしまいました。山ほど昔話をして、共通の友人の消息も沢山聞きました。楽しい楽しい夜となりました。
 〇何と終わったのは、11時でした。タクシーで新宿の駅まで送って貰い、何時もの通り京王線に乗りました。この電車で座れたのが、問題でした。終点の京王八王子で、駅員に起されるまで、眠りこけていました。高幡不動まで行く最終電車で、高幡不動に出ました。その時点で、1時を過ぎていました。タクシー乗り場は、長い列でしたが、歩いて帰る気力は無く、30分以上待って、タクシーで我が家に戻りました。2時近くになっていました。

10月04日
 〇昨晩、2時過ぎに寝たのに、今朝も6時半には、起きました。睡眠不足で、頭がボーッとしていました。椅子に座ってテレビのニュースを見ていると睡魔が襲ってきて、30分ほど寝てしまいました。お陰で、少しだけすっきりしました。
 〇今日もまた、メキシコの仲間と有楽町のメキシコ料理屋「トロ」で、5時半に会うことになっていました。所が、5時半と思っていたのは私だけで、実は5時からでした。30分も遅れてしまいました。今日の集まりの目的は、関西のメキシコアミーゴ会の会長を長いことやっていた友人が上京したので、彼と同じ時期にメキシコに居た仲間が、集まろうと言う事になったのです。女性2人、男性3人、本人も入れて6人が集まりました。関西の友人は、実は私の大学の同期なのです。2日続けて、メキシコの思い出話を語り合いました。しかし、今日はテキーラを控えて、ワインしました。
 〇今日は大人しく、8時頃にはお開きになり、我が家に9時半過ぎには、戻りました。

10月05日
 〇朝起きて、ベランダから見える空には、一片の雲もありませんでした。抜けるような青空に下に、青い富士が悠然と立っていました。国立の駅のホームからは、武蔵野の彼方に、裾野まで広がった雲が見えました。富士が見えるだけで、どうしてこんなに心が晴れやかになるのでしょうか、今日は1日の最初から、良い気持ちになれました。
 〇今日と明日は、私が監事をしている学園の学園祭の日でした。朝8時には家を出て、10時半には、学園に着きました。既に学園祭は始まっており、沢山の父兄が来ていました。小学2年生全員による合唱と器楽演奏を聴き、後は、小学校のクラス毎の研究発表の他、生物、音楽、書道、生け花、茶道の部活動の展示会等を見学して、引き上げることにしました。我が子のいない学園祭は、興味が薄いし、今日の夜は、我が家で娘の長男と私の誕生会をする事になっていて、午後は、その準備をしなければならなかったのです。理事長に参加したことだけを告げて、学園を後にしました。
 〇学園を出て、市川駅のガーデンで昼食を食べ、1時半くらいに京王線の新宿駅に着きました。土曜日は空いているはずなのに、大混雑でした。理由は、直ぐに分りました。調布の東京スタジアムで、ラグビーのワールドカップの試合が行われるのです。車両の半分は、外国人でした。後で分ったのですが、イングランドーアルゼンチン戦でした。スタジアムに近い飛田給駅で、外国人は全て降りました。
 〇聖蹟桜が丘で買い物をして、家には3時頃戻りました。次男と2人で、野球のCSを見ながら、誕生会の料理の準備をしました。6時近くには、家族全員集まり、取り敢えず乾杯をして、ラグビーのイングランドーアルゼンチン戦を見ながら、ラグビー談義になりました。前半が終わった所で、末の孫の運動会の動画を見ました。今日が、幼稚園の運動会だったそうです。なんと、末の孫が、運動会終了時の園歌斉唱の指揮をしたのです。ちゃんとやり遂げました。孫の活躍を見るのは、ジージの最大の喜びです。
 〇動画を見終わった後、直ぐに上の孫の誕生会になりました。7時半から、今度は、ラグビーの日本―サモア戦が始まるからです。上の孫にとっては、可哀想な事になりました。何時もと較べると、簡略な誕生会になりました。しかし、上の孫は、その事をある程度予期していたみたいで、笑顔で誕生会を終えました。
 〇我が家では、長男が高校時代ラグビーをやっていたので、家族全員、ラグビーに興味を持ち、一家言あります。今日の試合は、皆の想像以上に日本チームが頑張ったので、何度も全員立ち上がって大声を上げ、手を叩き合ったことでしょうか、普段なら、騒音で苦情が出そうなほどでした。しかし、今日は、殆どの家で同じ事が起きているのではないかと思います。歴史上初のベスト8進出の可能性が高くなりました。何時の間にか、ビール6缶、サワー酒3缶、日本酒1升、ワイン5本が空いていました。11時には、長男1家が帰り、今日の誕生会は、終了しました。

「朝起きて 西の地平に 富士を見る ただそれだけで 気持爽やか」
  

| | コメント (0)

2019年10月 2日 (水)

2019年09月23日

2019年09月23日
 〇今日は、真夏に戻ったような暑さでした。特に予定も無く、日記をブログに上げる作業していたら、娘から電話があり、孫達が暫く家から出ていないので、孫達に付き合って欲しいと電話がありました。爺さんを頼ってくれるのは、有難い事で、OKしました。
 〇ブログに日記を上げ終わった11時半頃に、孫達がやって来ました。この前、漏斗胸の手術をした上の孫は、経過は良好らしく、明るい笑顔でした。他の2人の孫も、とっても元気でした。我が家に来ることは、孫達にとって楽しいことらしいので、爺さんとしても嬉しい限りです。家に居た次男も一緒に、昼食をスシローで食べ、高尾の墓へ行きました。孫達とも話して、彼岸の墓参りをする事になったそうです。孫達も争って手伝ってくれて、ピカピカの墓になりました。墓参りが住んだ頃には、4時近くになっていましたので、今日は娘の家で夕食にし、その後酒を飲むことにしました。
 〇一旦、我が家に戻り、先日、長野で買って来たワインと、妙高高原のロッジの女将さんが作った辛子味噌を持ち、途中で夕食用の材料と酒の肴を買い足して、5時近くに娘の家に着きました。孫達は、急いで宿題を済ませ、皆で1回だけUNOで遊んだら、夕食の時間になりました。孫達が、夕食を食べている時から、大人達は、酒を始めました。我が家は、長男が高校時代ラグビーをやっていたので、皆ラグビーが好きで、ラグビーのことを良く知っています。暫くは、ラグビーのワールドカップの話になりました。その後、色々話は続き、孫達が寝てからは、学校における娘の苦労話になりました。普段聞くことの無い、辛い話も聞きました。結構エンジョイしているような娘の苦労話に、少々驚きました。なんと、朝の3時過ぎまで飲み続け、次男と一緒に我が家に着いたのは、4時頃になっていました。

09月24日
 〇今朝、明け方に寝て、起きたのは9時半頃でした。今日は午後から、白内障の手術の前の身体検査の日でした。起きた時点で、その事を忘れて居て、軽く朝食を取ってしまいました。加えて、昨晩のアルコールが検査に影響しないか、心配になりましたが、住んでしまったことなので、そのまま検査を受けることにしました。
 〇12時頃に家を出て、先ずは府中の武蔵府中郵便局に行きました。最近留守をする事が多く、最近この郵便局に、4度も足を運びました。今日受け取りに来た郵便物は、後期高齢者用の保険証でした。この前、最近の保険証も取りに来たのですが、10月1日から5日までの、僅か5日間だけ有効な保険証だったのです。何故こんな保険証を送ったのか、市役所に聞いたら、「10月から保険証が切り替わるのですが、貴方の場合は、10月06日が誕生日ですから、その日から後期高齢者用の保健証になります。近々、送付します」と言われ、今日受け取ったのは、その保険証でした。
 〇郵便局には、もう一つ用事がありました。実は、現役が合宿していた妙高高原のホテルの鍵を持ってきてしまったのです。漸く今日、送り返すことが出来ました。
 〇府中駅から、病院行きのバスに乗り、1時半に病院に着きました。受付をしたら、5つも予定が入っていました。先ずは、トイレに行って、検体検査の部屋に行くと、血液採取の他に採尿もありました。たった今、トイレに行ったばかりだったので、とても尿が出る状態では無く、検査の人に言ったら、「他のことが済んだ後でも良いですよ」と言われたので、血液採取の後、病院内のコンビニで、水を買い、飲みながら、レントゲン検査、心電図、眼科での白内障手術の事前説明を受けました。その時点で、尿意を催したので、採尿カップに尿を取り、置いてきました。最後に、呼吸器内科に行き、担当の医師から「PET検査で現れた薄い色づきがなんなのか、その後のレントゲン写真などを見て種々検討した所、癌でも肺炎でも何でも無いだろうと思われますが、確定は出来ませんので、もう1度CT検査を受けて下さい」と言われました。外科の先生から所見を求められたので、異常なほど神経質になっています。この為に、PET検査、レントゲン2回、それにCT検査をやるわけですから、検査で病気になってしまいそうです。
 〇病院で、全ての事が終わった時は、3時半を過ぎていました。バスで国立へ出て、我が家の近くの西友で買い物をして帰ると、5時近くになってしまいました。6時半くらいから、性懲りも無く、晩酌にしました。今日は、昼食抜きでしたので、少し多めの肴にしました。次男が作ってくれた、オデン擬きが、良い酒の肴になりました。次男は、昨晩飲み過ぎたので、今夜は、酒を控えました。

09月25日
 〇今日は、素晴らしい秋晴れの天気でしたので、久し振りに、東京薬科大から、谷戸の里を歩き、野猿街道の引切まで歩きました。この所、まともな散歩がなかったので、漸く歩いたと言う感じになれました。
 〇平山城址公園からバスで、東京薬科大に1時頃に着きました。校舎の入口の所にある山査子の実が、真っ赤に色づいていました。その赤い実が、沢山落ちていましたので、ついつい拾ってしまいました。実があると、取ったり拾ったりするのは、子供の頃からの習性です。それから、たにし池に場所を移して、桜の木の下で昼食にしました。此処の桜は、殆ど葉を落として、青空の下での食事になってしまいました。結構日差しは強かったのですが、辛うじて真夏日には届かなかったようです。
 〇薬科大の薬草園には、彼岸花、女郎花、男郎花、シオンなど、色々な花が咲いていましたが、なんとクソニンジン(糞人参)という背の高い植物がありました。葉がニンジンに似て、全体に悪臭があることから、この和名がついたそうです。名前は酷いのですが、解毒、解熱、止血作用があり、画期的な抗マラリア薬アルテミシニンが、この植物から開発されたそうです。名前や見かけで、判断してはいけないと言う事ですかね。紫の花のゲンノショウコ(現の証拠)もありました。
 〇薬科大を出て、谷戸の里を歩きました。近くの森から、我が家の近くでは聞けない、ツクツク法師の鳴き声が聞こえました。花と戯れる蝶の良い写真が撮れました。芽吹き前は、岩のようだった桑が、立派な桑畑になっていました。昔の多摩は、このようだったのだろうと思わせる風景が残っています。暫く歩いて、新興住宅地である東山住宅の丘に登ると、武蔵国が一望出来ましたが、高層ビルばかりが目立つようになりました。
 〇丘を降りて野猿街道に出て、バスで聖蹟桜が丘へ出ました。なんと、聖蹟桜が丘は、11日振りでした。今は我が町のようになっている聖蹟桜が丘を、長いこと留守にしてしまいました。京王ストアに入り、馴染みのお爺さんのアサリを買い、我が家に戻ったのは、4時半頃でした。
 〇6時半頃から、アサリバター、シーフードミックスのアヒージョを作り、次男と一緒に晩酌の積もりだったのですが、次男は今日も酒を控えました。

「何時咲いた ツルボ早くも 盛り過ぎ 秋の土筆へ 姿を変える」
「唐綿の 花と戯むる 豹紋蝶 良く似た赤が 互いを賛美」
「細き髪 広げて赤き 曼珠沙華 大きな簪 アゲハ蝶かな」
「葉を散らす 桜の下の 豚菜かな 秋空の下 独り佇む」
「芽吹き前 岩かと思いし 桑の木も 葉を茂らせて 緑の畑へ」
「道脇に 私も見てねと 招くよな 花ちりばめた 継子の尻拭い」
「谷戸の里 庭に畑に 揺れている 秋風受ける 秋桜の花」


09月26日
 〇昨晩から、トイレの水を流す部分が詰まって、水が流れなくなりました。現代生活は、色々な製品が開発され便利なのですが、一旦不具合が生じると、生活そのものが出来なくなるような支障を来します。取り敢えず、バケツで水を入れて用を足しました。昨晩も修理を試みたのですが、駄目でした。朝起きてから、再度、修理に挑戦したのですが、どうにもならず、水のトラブル専門の「クラシア」に来て貰うことにしました。
 〇午前11時頃にクラシアの修理人が来て、便器のタンクの部分を見ると「部品が相当傷んでいます。この便器を使い始めて、何年くらいですか、15年ですか、便器全部を取り替えた方が良いですね」と言われました。営業的発言だと思ったので、「便座は、去年取り替えたばかりだし、全部取り替えるなら、近くのホームセンターに頼むよ」と言ったら、「では部品の交換でやりましょう」と言うことになりました。近くの営業所に部品を取りに行って、30分後に戻ってきました。部品の交換そのものは、ものの10分足らずで終わりました。費用は、部品と作業費込みで、17、900円でした。余分な出費でしたが、必要経費でもあったと思っています。
 〇昨日、ゴルフ仲間から電話があり、来週月曜日にゴルフをする事になりました。今年は、1月に、同じ仲間とゴルフをして以来、クラブを握ったことがありません。何度か、ゴルフ大会の誘いがあったのですが、電車で行くには、遠い所ばかりで、面倒になっていたのです。でも、今日電話してきたゴルフ仲間の誘いは、簡単に断れません。そんな訳で、仲間に迷惑は掛けられないので、午後2時過ぎから、ゴルフの練習に行きました。ゴルフの練習をしてみて、腰が少し曲がっているのが分りました。背筋を伸ばすことは、十分注意していたはずでしたが、実際は曲がっていました。同じ運動だけではなく、違った運動をする事は、大事なことだと分りました。その後、練習に持って行った7本のクラブを、ゴルフ場に送りました。単なる遊びのゴルフですから、7本あれば充分です。
 〇家に戻ったのは6時近くで、6時半から、昨日の残り物に、鰺のカルパッチョとトマトサラダを作り、ラグビーのイングランドーアメリカ戦を見ながら、晩酌にしました。次男は、一緒にテレビを見ましたが、今日も酒を控えました。

09月27日
 〇今日は1日、高校時代の同級生と一緒に過ごしました。毎年、必ず1度は、同窓会をやっています。少数の気のあった仲間と、旅行することもあります。郷里で、少年時代を過ごした仲間には、特別の思いがあります。同い年なので、何の気兼ねも無く、話すことが出来ます。
 〇今年は、会場の都合で新しい新橋の会場となりました。会員制のクラブだそうでした。同級生の一人が会員だったので、そこを使わせて貰ったのです。会員以外、誰も場所を知らなかったので、新橋の機関車の前に集まって、一緒に歩いて、午後1時には会場に着きました。参加者は、約30名弱でした。既に、料理や酒類は用意されており、直ぐに同窓会が始まりました。暫く歓談した後、各人の近況報告になったのですが、老人になったせいで、幹事も出席者も話が長く、半分ほどの人しか、近況報告が聞けませんでした。
 〇次に、在郷同窓会の全校大会が予定されていたため、我々15回生の同窓会は、3時半に終わりました。全員何となく話し足りない様子なので、近くのホテルの喫茶室で、2次会となりました。でも、酒飲みには向かない2次会だったので、酒飲み仲間5人は、サラリーマンの町、新橋で3次会となりました。誰も皆、久しく歩かない新橋の街を、ゆっくり歩きながら、最後に新橋らしい酒場に入りました。所が、此処の店員が中国人の女性で、老人の細かい質問に答えられませんでした。「瓶ビールは何がある?」と聞いたら、「赤星です」と答えました。何のことか分らずにいると、奥から、責任者らしい日本人が現れて、「これのことです」と現物を見せてくれました。こんな訳で、最初は苦労しましたが、何時ものように楽しい3次会になりました。
 〇3次会は8時過ぎに終り、家に帰り着いたのは、10時近くでした。楽しい1日でした。

09月28日
 〇昨日は、高校時代の仲間、今日は大学のクラブの仲間と4人で、応援団フェスタなるものを見に、参宮橋の青少年スポーツセンターに行きました。参宮橋は、大学時代に行った事がありますが、その後50年以上、行ったことがありませんでした。何一つ憶えていませんでした。応援団フェスタには、12大学の応援団が参加し、我が母校も参加していました。何時も見ているリーダーやチアガールの演技が披露されました。12時から始まったフェスタは、夕方6時まで続くことになっていました。しかし、早く飲みたい気持が強く、チアガールの演技が終わった5時には、会場を出て、近くの酒場に入って、飲み会となりました。
 〇今日の、ラグビー日本―アイルランド戦の結果を知りたくて、テレビを点けて貰うと、後半戦が始まったばかりで、9-12で負けていました。所が、これから奇跡が起きたのです。必死の攻防戦が続きましたが、日本が1トライ、1ゴール、1ペナルティーゴールを決めて、19-12でリードしたままノーサイドになりました。酒を飲むことさえ忘れて、30分以上、テレビに釘付けになりました。
 〇余りにも興奮したので、大学の近くの酒場で飲み直そうと言う事になりました。大学に近くの酒場も、大いに盛り上がっていました。ラグビー部のOB4人も居て、初めて会った人でしたが、旧来の友のように盛り上がり、今日のラグビーの結果に酔い痴れました。
 〇8時半頃、渋々ながらお開きにして、我が家に10時近くに着きました。着いた早々、ラグビー好きの次男と、今日のラグビーのことを話しました。次男が、試合の再放送をやっているというので、またしても酒を飲みながら、ラグビーを見ました。夕方からラグビー一色になり、応援団フェスタのことは、何時のことだったか、記憶から消えてしまいそうになりました。

09月29日
 〇今日は、雨になるような天気予報だったのですが、青空が広がり、日差しも出て来ました。午前中は、洗濯、掃除、リサイクルゴミの整理、玄関前の片付け、玄関前の植物への水遣り等、普段手抜きしていることを一気に片付けました。
 〇午後1時過ぎに家を出て、立川へ行きました。新しい旅券を受領しに行ったのです。所が、一番大事な受領証の用紙を忘れてしまいました。一瞬青ざめましたが、窓口でその事を話すと、「受領証を紛失したことにして再発給しましょう」と言ってくれました。お陰で、10年有効の新しい旅券を受け取ることが出来ました。今後は、新しい旅券を申請することは無いでしょう。
 〇折角立川まで来ましたし、天気も良かったので、昭和記念公園を歩きました。この前来た時に咲いていた黄花秋桜が、まだ咲いて居ました。そろそろ刈り取る時期らしく、誰でも花を摘んで良いことになっていました。公園内を歩いている人の多くが、黄花秋桜の花を抱いていました。これからは、通常の秋桜が、客を喜ばせることになると思います。木漏れ日の丘には、既に秋桜が咲き始めていました。公園の木々は、実りの秋を迎えつつありました。毎年私が拾いに来る、細い椎の実は、今年は豊作のようでしたが、食べられるようになるには、まだ半月ほど掛かりそうでした。ヒマラヤ杉の実は、既に何個か貰ってきているのですが、また、新しい実が沢山生っていました。何度実を付けるのでしょうか。サンシュユ(山茱萸)の実は、グミ(茱萸)実そっくりでした。その時、両方の漢字の名前を知っていれば、食べて見たのですが、知らなかったので、食べる勇気が出ませんでした。また、数ある栃の木の中に1本だけ、芽吹いている木がありました。何が原因なのでしょうか、地球温暖化による異常気象のせいではないかと思うのですがねー、、、。
 〇4時半には記念公園を出て、我が家に6時近くに着きました。明日と明後日は、我が家で食事をしないので、残り物を酒の肴にして、晩酌にしました。

「茱萸の実と 見紛うような 山茱萸の実 試食の勇気 出ず仕舞いなり」
「木の下に 銀杏の実 敷きつまり 朽ちる臭いも 秋の臭いか」
「晩生かな 生まれたばかりの 薄の穂 他を圧する 銀の輝き」
「豊作に 枝も撓むや 椎の実の 幼さ残る 皮被りかな」
「食そそる 梅擬の 赤き実の お一つどうぞと 誘うておるなり」
「秋の日に 泰山木にも 実のつきて 大きな花の その実可愛ゆし」
「岩陰に 秋風に耐え 菊芋の 黄色の剣 花片一枚」
「夏の実の 落ち切る前に 生まれ出ず 枝に並んだ ヒマラヤ杉の実」
「丸き実の 寄り集まりし 落羽松 緑色濃き 草餅団子」
「晩生にも 程があるだろ 栃の木さん 落葉の時期 芽吹きするなり」

09月30日
 〇今日は、メキシコ時代の仲間とゴルフでした。少し前までの長期予報では、雨の筈でしたが、すっきりと晴れ渡った秋晴れになりました。7時50分のクラブバスに乗るため、6時14分発の始発バスに乗り、国立、西国分寺、新秋津と乗り継ぎ、西武新宿線の飯能に7時35分に着きました。クラブバスには、ゆっくり間に合いました。
 〇8時36分にOUTからスタートしました。独りだけ、60代がいましたが、後の3人は後期高齢者でした。今日、私のドライバーの調子が良くて、60代の仲間と飛距離を争いました。80%は私が勝ちました。最初ホールで私に大きく離された彼は、力が入ってしまい、ジャストミートしなくなったのです。仕方なく、彼は、言葉で攻めてきましたが、それがお笑い芸人のような口振りで、皆で大笑いしながらのゴルフとなりました。
 〇ゴルフ場は空いていたので、スムーズにプレイが出来て、2時にはプレイを終わりました。私以外は車なので、最近の19番ホールは、酒が飲めなくなりました。簡単にコーヒーで反省会をやって、湘南から来た2人は先に帰りました。私とクラブのメンバーの友人は、ゆっくり風呂に入り、その後、飯能駅まで送って貰いました。
 〇飯能駅から、東京に来ている妻に電話して、5時頃までには神楽坂に行き、一緒に夕食をする事になりました。3時半に、飯能駅を出て、池袋で地下鉄有楽町線に乗換えて、4時40分に飯田橋に着きました。出口で少し迷ったので、丁度5時、毘沙門天の所に着きました。妻も直ぐにやって来て、この時間からやっている馴染みの中華料理屋で夕食を楽しみました。今日はゴルフ帰りなので、イタリアの名門ゴルフ倶楽部の、イタリアンレッドのポロシャツを着ていきました。普段、私の着る物については、けなすことしかしない妻ですが、今日は、「その赤は素敵ね、私が、その赤のシャツを着たいくらいだわ」と言って誉めてくれました。
 〇食事は、7時半くらいに終わったのですが、何時ものように、何時ものバーに行って、2時間ほど話して、別れました。妻が東京に出て来るのは、2週間に1度ですから、今週は会えないかと思ったのですが、ゴルフが早く終わり、妻にも会えて、楽しい1日となりました。  
 

| | コメント (0)

« 2019年9月 | トップページ | 2020年4月 »