« 2019年04月28日 | トップページ | 2019年04月30日 »

2019年4月30日 (火)

2019年04月29日

2019年04月29日

 富士が見える素晴らしい天気は、昨日1日だけで、今朝は雲の多い空でした。薄ら寒い1日でした。
 今日は、妻と会う日だったのですが、昨日妻より電話があって、「上京する日を1日間違っていて、実は今日の夜、上京するので会えない」とのことでした。幸いなことに、昨日、大田区の六郷の土手に住む、大学のクラブの後輩から、「29日には、例年の凧揚げ大会が、六郷の土手で今年もあるようですが、先輩は参加しますか、参加するのであれば、その後、川崎に住む者も含めて、一献傾ける場を持ちたい」とのメールが入っていました。妻からの電話の前は、後輩達とは昼間会って、妻とは夜会おうか等と思案していましたが、妻との電話の後、躊躇無く、凧揚げ大会に行き、後輩達と会う約束をしました。
後輩達とは午後2時に会う約束をして、私は1時に、凧揚げ大会の会場に行きました。郷里の物らしい凧が、多数揚がっていました。所が大会そのものは、終りが迫っていて、最後の催し物である「蛇踊り」をやっていました。懐かしい故郷の思い出です。今日も沢山の人が来ていましたが、私の同期会の幹事の姿が見えませんでした。今日のような、郷里の行事を欠席するような人間ではないので、少々心配になりました。
蛇踊りが終わると、2時近くになり、同じ高校の在京同窓会全員で記念撮影をして、後は自由散会になりました。缶ビールを飲みながら待っていると、後輩達が、次々とやって来ました。約1年振りの再会でした。4人全員が揃った所で、場所を川崎に移し、大衆居酒屋で、午後2時半、昼間からの飲み会となりました。後輩と言っても、わずか1年、浪人した後輩は、年は私と同じです。同じ年格好なので、病気のこと、大学時代のクラブのこと、クラブの現状、色んな人達の消息、大学のこと、大学時代のマドンナのこと、年号が変わること等々、話が盛り上がりました。結構うるさい酒場でしたが、我々の席が、一番うるさかったと思います。生ビールを1杯飲んだ後、4合瓶ですが、4人で3本の焼酎を空けました。
後輩達が、遠くへ帰る私の事を心配して、5時過ぎにはお開きになりました。私達の大学時代、川崎の街は、戦後を色濃く残した街でしたが、今は、高層ビルが立ち並び、駅も近代的で綺麗になりました。全く様変わりしました。明後日からは、時代も変わり令和時代になります。昭和は遠くなりにけりです。

「山ほどの 未来を過去に 変えてきて 語り尽くせぬ 山ほどの過去」

|

« 2019年04月28日 | トップページ | 2019年04月30日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2019年04月28日 | トップページ | 2019年04月30日 »