« 2018年10月22日 | トップページ | 2018年10月24日 »

2018年10月24日 (水)

2018年10月23日

2018年10月23日

 

 また雲の多い朝に戻ってしまいました。こんな天気の中でも、我が家のランタナは、花を咲かせ続けています。ランタナは、南米原産ではないでしょうか、南米のエクアドルでも、沢山咲いていました。調べて見たら、確かに中南米が原産でした。なんと和名は、シチヘンゲ(七変化)なのだそうです。花の色が、次第に変化するからだそうです。

 また、現在ベランダには、干物用のネットが下がっています。昨日買って来た鶏の軟骨が、昨晩から干してあります。天気予報では、今日の午前中は、少し晴れ間が出て、午後は、曇りとなり所々で小雨が降るかも知れないと言っていました。所が、午前中から曇っており、干物の為の十分な日光は、期待できないようでした。

 今日も、午後2時頃から散歩に出かけました。空は、厚い雲に覆われて、今にも雨が降りそうだったので、リュックに折畳みの傘を入れて出かけました。昨日は、国立方面でしたが、今日は、府中駅まで歩きました。

 昔の府中四谷地方の中心だった稲荷神社は、正式な名称は水明社だそうですが、今ではバス停も稲荷神社前になっています。近くには、四谷文化センターと四谷公会堂があります。四谷公会堂は、昔の小学校の跡地です。この辺りは、旧家が多く、田畑も残っています。

 稲荷神社から、田畑を辿り歩きました。既に稲刈りは終り、多摩川から引かれた用水は、水が無くなっていました。高速道路を潜ると、目の前にNECの工場が、刈り入れが済み、稲木が並ぶ広い田圃の向こうに見えました。府中市が誘致した、とても大きな工場です。田圃の畔には、白花の溝蕎麦が、畔を埋めるように咲いていました。その一画に、ホトケノザ(仏の座)やスイバ(酸葉)、タンポポ(蒲公英)、ハコベ(繁縷)の花が咲いていて、此処だけ春のようでした。その中に、マメアサガオのような小さな花を見つけました。花片が5弁になっているようなので、ホシアサガオ(星朝顔)かも知れません。しかし、色がブルーなので、アメリカ朝顔かも知れません。未だ調べが着いていません。

 NECの工場を半分くらい廻ると、府中崖線の崖下に出ました。湧水の淵にツワブキの花が沢山咲いていました。何度も書いていると思いますが、ツワブキを見ると戦後の食糧難の時を思い出します。婆さんの言いつけで、山を駆け巡って、柔らかいツワブキの茎を集めたものでした。家に持ち帰ると、皮を剥き、水に浸けて灰汁抜きをしました。指先も水も真っ黒になりました。これを煮付けにして食べたのですが、美味しかったという記憶はありません。

 橋のようになった歩道橋を渡って、崖上の西府駅の方に出ました。眼下にNECの工場が広がり、遠方には奥多摩の峰々が見えました。奥多摩の方は、青空が広がり、散歩を始めた時の、どんよりとした空が、明るさを増していました。

 西府駅から、また崖下に下りて御狩場道に出ると、家の垣根にシジミ蝶が2匹止まっていました。良く見つけられたと、我ながら感心しました。よく見かけるウラジロミドリシジミ(裏白緑小灰蝶)でした。日差しが出て来たので、求愛が始まったようでした。カメラを向けると慌てて飛び立ち、別の所に2匹並んで止まりました。これを何度か繰り返し、すっかり恋路を邪魔する意地悪爺さんになってしまいました。

 御狩場道から、分倍河原駅へ出て、南武線の踏切りを渡り、高安寺に入りました。この頃、青空は東の方まで広がり、西の空には鱗雲が生まれ、真っ白に輝いていました。寺の屋根や、木々の向こうに見える青空と鱗雲が、なんとも言えない美しさでした。何枚も何枚も、写真を撮りました。

高安寺から、大国魂神社まで歩くと、鱗雲は頭に上にまで広がっていました。天気の急激な変化を楽しみながらの散歩となりました。府中と聖蹟桜が丘で買い物をして、5時過ぎに我が家に戻りました。

 

「住宅地 残り少ない 稲田には 昔ながらの 稲木が並ぶ」

「秋深し 稲木の列を 見下ろして 大型工場 ドームの屋根かな」

「刈り入れの 済みし稲田の 畔道に 白さ際立つ 溝蕎麦の列」

「蒲公英や 繁縷に酸葉 仏の座 季節外れの 春を楽しむ」

「秋の日に 恋路の最中 シジミ蝶 恋路邪魔する 意地悪爺さん」

「雨雲と 青空の後 鱗雲 天空走り 天気急変」

「高安寺 黒屋根の上 鱗雲 青空の中 白銀の白」

 

|

« 2018年10月22日 | トップページ | 2018年10月24日 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2018年10月23日:

« 2018年10月22日 | トップページ | 2018年10月24日 »