« 2018年09月27日 | トップページ | 2018年09月29日 »

2018年10月 4日 (木)

2018年09月28日

2018年09月28日

 

 素晴らしい、快晴に朝でした。富士も良く見えましたが、双眼鏡を使っても、冠雪を確認することは出来ませんでした。変わりに、頂上の左側に、白い建物を見る事が出来ました。

 今日は、夜、都心の先輩の店で「語ろう会」がありますので、都心へ出なければなりませんでした。折角都心に出るし、天気も良いので、向島百花園に行ってみることにしました。東京都立「江戸・東京の庭園」の9庭園のうち、8庭園は既に訪れたことがありますが、向島百花園だけ行ったことがなかったのです。

 午後1時半頃家を出て、日暮里へ向かいました。庭園への行き方を調べた所、幾つか行き方があった内、日暮里からバスで行くことにしたのです。バスが庭園の前に止まるので、間違わないで済むと思ったのです。

 日暮里駅に着いたのは、3時丁度でした。駅前に出て、バス乗り場を探していると、私の目の前を、私が乗るべきバス(亀戸行き、里22)が、出発して行きました。バス乗り場に行って、次のバスを調べたら、30分後の3時32分発のバスしかありませんでした。庭園がしまってしまうのではと、不安がよぎりましたが、今更、行き方を変えるわけにも行かず、次のバスに乗りました。所が、百花園は思いの外遠く、渋滞もあって、ほぼ1時間近く掛かり、百花園のバス停に着いたのは、4時20分頃でした。案内に従って、百花園の入口に着いたときには、4時半を過ぎて、「本日の入園は終了しました」との札が下がっていました。結局、百花園訪問は、次回に持ち越しになりました。

 先輩の店は、恵比寿にあるので、東武線スカイツリーラインの東向島駅へ行くことにしました。道行く人に道を尋ねながら歩いたら、10分程度でした。東向島から、浅草へ出て、地下鉄銀座線で渋谷、そして山手線で恵比寿へ出て、先輩の店に着いたのは、6時20分頃でした。電車での経路が分ったので、次回は、問題なく百花園に行くことが出来ると思います。

「語ろう会」は、7時からですが、何時も早めに行って、皆が集まる前に、先輩と個人的話をする事も、楽しみの1つでした。何時もは店に出ているのですが、今日は、なかなか出て来ませんでした。30分後に出て来たのですが、元気がありませんでした。8月、顎の癌を手術し、手術したのか分らないほど綺麗な手術結果だったのですが、手術で癌を取りきれず、再手術するか他の癌治療をするか、現在、どの治療法にするか悩んでいるとのことでした。

語ろう会のメンバーは、現役で仕事している人が殆どで、7時の時点で来たのは、会の中心的な女性と、近くの年配の女性でした。8時近くになって、コンピュータ関係の仕事をしている若い男性が、立派なカメラを持ってやって来ました。カメラに詳しそうなので、語ろう会のメンバーが揃うまで、彼にカメラの使い方の手ほどきを受けました。私が、以前から知りたいと思っていた、一点オートフォーカス、写真から動画への移行の仕方を聞くと、いとも簡単に、フーカスの設定を変えてくれ、動画への移行方法を教えてくれました。また、ファインダーを自分の見やすい状態にする方法も教えて貰いました。今日は、これだけでも来た甲斐がありました。これから、また、散歩が楽しくなります。

8時半頃から、ぼつぼつと集まり始め、今日はLGBTLesbian(レズビアン、女性同性愛)、「Gay(ゲイ、男性同性愛者)、「Bisexual(バイセクシュアル、両性愛者)、「Transgender(トランスジェンダー、出生時に診断された性と自認する性の不一致)頭文字をとり、セクシュアル・マイノリティー(性的少数)の一部の人々を指した総称)が話題になりました。ある女性議員が、LGBTについて、人口減少の歯止めに役立たない非生産的人間だと、議会で発言したからです。私のような、年配者にとっては、LGBTは不道徳な人間として、差別の対象だったことが頭にこびり付いています。しかし、現代の若者は、身体の障害を克服して、必死に生きようとしている身体障害者と同様に、LGBTの人達が、必死に生きている事を認め、彼等の生活の仕方を、一般人と同じように受け入れることに、大きな抵抗はないようでした。従って、新たに差別を生み出すような、女性国会議員の発言は、逆に受け入れ難いようでした。

 

|

« 2018年09月27日 | トップページ | 2018年09月29日 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2018年09月28日:

« 2018年09月27日 | トップページ | 2018年09月29日 »