« 2018年10月09日 | トップページ | 2018年10月11日 »

2018年10月11日 (木)

2018年10月10日

2018年10月10日

 

 雲の多い朝でしたが、直ぐに日差しが届くようになりました。思った以上に暑い日となりました。

 今日は、主に中南米で仕事をした、職場の友人との昼食会でした。12時から神田の中華料理屋、廣豊楼とのことでした。案内には、神田駅西口から歩いて2分と書いてありました。

 遅れないように余裕を持って、10時15分に我が家を出ました。電車は順調で、11時半に神田に着きました。西口に出ると、目の前に神田西口商店街の看板が見えました。会場は、恐らくこの中だろうと思って、商店街を最後まで歩いてみましたが、会場は見つかりませんでした。一旦西口に戻り、両サイドの道の看板を確かめましたが、矢張り見当たりませんでした。仕方なく、古くからありそうな小間物屋のお婆さんに聞くと、「廣豊楼?そんな名前知らないね、西口商店街にはなかったんだね、その先の道を右に折れて真っ直ぐ進むと、大通りに出る前のビルの1階に、確か中華料理屋があったよ」と教えて貰いました。その通りに行くと、確かに廣豊楼がありました。店の前に立った瞬間、去年と同じ店で、去年も迷ったことを思い出しました。歳は取りたくないものですね-。せめて、ネットで地図を確かめてから行動すべきですねー。店に着いたのは、丁度12時でした。半分以上の人が、未だ着いていませんでした。後から、少しずつ到着しましたが、皆迷ったそうです。傘寿以上が3人、喜寿以上も3人、後の6人も、全員70歳以上でした。

 乾杯をして、昼食会を始め、順番に近況報告をする事になりました。誰もが、病気の話が長くて、近況報告が終わりそうにありませんでした。昔話も出来ないほどになってしまいました。この会は、もうそろそろお仕舞いですね-。若い頃は、中南米のいたる所で顔を合わせ、時には一緒に仕事もしました。力を合わせて、職場の中南米の仕事を支えてきたとの自負を持っていました。それも、昔のことになってしまいました。これが、誰もが従わなければならない、世の習いと言うものでしょう。

 昼食会は、2時半頃に終り、4人で、軽くコーヒーでも飲んで帰ろうと言うことになり、こーひー&バーに入りました。所が、我々が注文を決めていると、注文受付の女性と、「注文はご一緒ですか」別々だよ、、、「順番は誰が最初ですか」並んでいる通りだけど、、、「お客さんの注文は何ですか」アルコール類はどんなものがある、、、「此処で売れるのは、ビールだけです」それではビールを、、、「ジョッキにしますか、グラスにしますか」グラスで、、、「後ろから出ますから貰っていって下さい」と言うような会話がありました。極く普通の会話のようですが、女性は、早口で大声で怒鳴っていたのです。まるで怒られているようでした。私は、腹が立っても文句を言うことは滅多にないのですが、最後に、「そんなに怒鳴るなよ」と言ってしまいました。

 軽く休んで、他の3人と別れたのは、3時15分くらいでした。折角、都心に来たので、この前入れなかった向島百花園に行くことにしました。地下鉄銀座線の神田駅から、浅草へ出れば、直ぐだと言うのは、分っていました。所が、銀座線の乗り場を探すのに、15分くらい掛かってしまいました。結局、浅草の東武線乗り場に着いたのは、3時40分になっていました。3時52分発の電車が、ホームに居ましたので、その電車に乗り込んで座席に座ると、どうも、いきなり眠ってしまったようです。昼食会で結構飲みましたし、地下鉄乗り場を探すのに、随分歩きましたから、いきなり眠気が押し寄せたようです。目が覚めたら、東向島を3つ乗り越した牛田という駅でした。それから引き返して東向島に行くと、4時半を過ぎてしまいそうなので、向島百花園は、今日も諦めました。

 悔しいので、スカイツリーに登ることにしました。初めてでした。何時も混んでいて長時間並ぶと聞いていたので、敬遠していたのです。今日もある程度混雑を覚悟していたのですが、今日は左程混んでなく、10分程度並んだだけで、展望デッキに登ることが出来ました。5時少し過ぎで、日没前でした。霞のかかった新宿の摩天楼街の後ろに、日が沈むようでした。30分ほど、今か今かと待ち続けましたが、地平線の近くは厚い雲に覆われて、日没の輝きは見る事が出来ませんでした。しかし、少しずつ町の灯が点き始め、やがて東京タワーにも灯りが点灯し、東京駅周辺の摩天楼街の窓の灯が、重なり合って光り始めました。今日は、物事が旨く運ばない1日でしたが、最後の最後に不興を慰めて貰いました。今度は、冬の良く晴れた日に来て、関東平野の広がる大東京と、冠雪の富士を同時に見たいと思いました。

 

「若き日に 高き夢見た 仲間等も 黄泉国への カウントダウン」

「宵の口 スカイツリーの 高みから 次第に増え行く 街の灯を見る」

 

|

« 2018年10月09日 | トップページ | 2018年10月11日 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/554231/67262573

この記事へのトラックバック一覧です: 2018年10月10日:

« 2018年10月09日 | トップページ | 2018年10月11日 »