« 2018年09月14日 | トップページ | 2018年09月16日 »

2018年9月16日 (日)

2018年09月15日

2018年09月15日

 

 今日は、千葉の市川にある学校の理事会に参加する為、7時15分には、家を出なければなりませんでしたので、昨晩、6時半に目覚ましをかけて寝ましたが、6時前に起きてしまいました。出かける日なのに、雨が降っていました。

 朝食、洗面などを済ませ、予定通り、7時15分に家を出ました。電車を乗り換え、学校の会議室についたのは、9時40分でした。片道、2時間半の行程でした。

 予定通り、10時から理事会が始まりました。今日の理事会のテーマは、教職員の働き方改革、中高生の補修のやり方、小学校に英語教育が開始される事への対応方法、それに学事報告でした。

 教職員の働き方改革については、文科省の方針もあり、早急に対応しなければならないようですが、基本的には、残業時間の縮小です。部活動の外注化、残業の削減方法等が話し合われました。

 中高生の補修のやり方については、全く知らないことで驚きましたが、学習塾の中に、補修を専門に学校と契約する部門があるそうです。契約した学校施設の中で、派遣された大学生が、生徒の能力に応じて、個人指導の形で、補修事業を行うそうです。塾へ通うより安く、成果も挙げており、この学校も、採用を検討しているそうです。

 小学校の英語教育については、年齢毎の教育方法、ロボットの活用等が話し合われました。

 私立一貫校の理事会に参加して、私が強い興味を持ちながらも、一番不得手の分野だと分りました。私立ですから企業です。生徒(父母)が、その学校を選択しなければ、学校経営は破綻します。従って、生徒数の減少、景気の動向、将来の社会のあり方など、根本的な問題の他に、学校周辺の児童数の推移、周辺家族の収入、父母が学校に望む物、優秀な先生の確保、他校の状況、大学との連係、地方行政との関係、中央行政との関係等々、様々な現実に目を配り、適切に対応し、生徒が集まるような魅力ある学校にしなければ、何時、経営破綻してもおかしくないのです。私は、生涯、破綻する心配の無い組織で働いてきましたので、組織を生かすことの重要性について、意識が希薄だったことを痛感しました。年を取って、動きの悪くなった頭で、何処まで対応出来るのか、最後のご奉公という気持で、頑張ってみたいと思います。今のところ、理事会に出るだけで、報酬まで貰っているのですから、出来るだけ勉強して、役に立てなければ、報酬泥棒になってしまいます。

 12時に理事会は終わり、皆で昼食をしました。少し雑談が出来たので、理事会だけで無く、授業や行事、部活動など、教育の現場を見てみたいと、お願いしたら、快く承諾して貰いました。先ずは、自分の目で見、自分なりに考え、理解することが大事だと思いました。

 折角、千葉の方まで来たので、京成線の各駅停車で、上野へ出ました。アメ横に行ってみたら、物凄い人出でした。アメ横一帯には、幾つの通りがあるのでしょうか、どの通りも肩が触れ合うほどの混雑でした。昼間から、数多くある大衆酒場が、何処も満員でした。そして、その何処にでも、外国人の顔がありました。大衆酒場の雰囲気も、大好きなようです。

 一通りアメ横を散歩して、この前、妻と行った上野の韓国人街で、酒の肴に韓国料理の、チャンジャ、チャンジャキムチ、セロリキムチ、ニンニクの醤油漬を買いました。午後4時半頃に家に帰って、この他にも、マグロのカルパッチョ、アサリバターを作り、日本酒とワインで、美味しい晩酌を楽しむことが出来ました。

|

« 2018年09月14日 | トップページ | 2018年09月16日 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/554231/67173977

この記事へのトラックバック一覧です: 2018年09月15日:

« 2018年09月14日 | トップページ | 2018年09月16日 »