« 2018年07月01日 | トップページ | 2018年07月03日 »

2018年7月 5日 (木)

2018年07月02日

2018年07月02日

 

 今日も良く晴れた朝で、富士も見えました。

 明日、大腸検査をして、その際発見したポリープを除去すると、暫くは遠出を止めて、過激な運動も止めるように、術後の注意という書類に書いてありました。そんな訳で、今日は、近場の散歩では無く、遠出をしたくなりました。この前、八高線に乗った時、川越の方にも行けることが分りましたので、川越へ行って来ました。川越には、7,8年前に妻と行って以来でした。

 12時半頃に我が家を出て、八王子駅に行くことにしたのですが、今日はこの前と違って、京王八王子駅から歩いて八王子駅に行くのではなく、京王線で高雄まで行き、そこでJRに乗り換えて、八王子駅に行ってみました。京王八王子から歩くよりも、早く着くと思ったのですが、これは間違いだと分りました。想定した電車には乗れず、30分近く待って、2時48分発の川越行きに乗ることになりました。

 丁度1時間近く掛かって、3時50分に川越駅に着きました。この前妻と川越に来た時は、どの様にして来たのでしょうか、川越駅の記憶が全くありませんでした。小江戸と言われる蔵の通りへ、どの様にして行けば良いのか、それもさっぱり分りませんでした。地図を見たり、歩いている人に尋ねたりしながら、川越駅の東口から、繁華街へ出て、その道を真っ直ぐ歩きました。この繁華街も歩いた記憶がありませんでした。全く知らない町に来たようでした。

 途中、西雲寺と言う寺がありましたので、御朱印を貰うことにしました。庫裏の前にハンゲショウ(半夏生)に似ている花の鉢が2つ置いてありました。葉の白さはハンゲショウと同じなのですが、花が小さなトラノオ(虎の尾)のようではなく、黄色い星形の花でした。取り敢えず、インターフォンを押すと、住職が出て来ましたので、御朱印を頼むと、「今出かける所なので紙に書いてあるもので良いですか」と言われました。勿論、何の問題もないので、紙に書いてある御朱印を頂きました。そこで玄関の前の花の鉢について聞いてみましたが、それらの鉢は、花屋が置いていくので、名前は知らないと言っていました。

 西雲寺を出て、暫く歩くと花屋がありましたので、「西雲寺に花を届けるのはこの店ですか」と聞いてみました。所が、花を届けているのは、この花屋ではなく別の花屋でした。花の様子を話して、名前を聞いてみましたが、花屋でも分りませんでした。

 その後、かなり歩いて、漸く小江戸に着きました。小江戸の真ん中に、法善寺と長喜寺が有りましたので、御朱印を貰いに行きましたが、法善寺は住職が不在で、長喜寺は御朱印をやっていないとのことでした。暫く小江戸を散歩し、帰りは、バスで帰ることにしました。小江戸までは、歩いて30分以上掛かったのに、バスだと小江戸から駅まで、10分程度でした。川越でも驚かされたのは、外国人の多さでした。この外国人達が、どれほど日本を助けてくれているのか、計り知れないと思いました。

 川越から我が家までは、八王子経由ではなく、埼京線、武蔵野線、中央線を乗り継いで国立に出て、バスで帰りました。こちらの方が、電車の本数も多く、時間的にも早いと思いました。川越でかなり時間をかけたので、我が家に着いたのは、7時過ぎでした。次男は居たのですが、明日、大腸検査の為、アルコールは禁止で、検査前の食事として渡された、レトルトパックの流動食を食べなければならず、二人での飲み会は出来ませんでした。いよいよ私の地獄が始まりました。明日の朝は3時頃から、決勝トーナメントにおける、サッカーの日本戦もあることだし、10時頃から早寝しました。

 

「蔵の町 車多くも 小江戸かな 時代の併存 それも良きかな」

 

|

« 2018年07月01日 | トップページ | 2018年07月03日 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/554231/66903258

この記事へのトラックバック一覧です: 2018年07月02日:

« 2018年07月01日 | トップページ | 2018年07月03日 »