« 2018年07月03日 | トップページ | 2018年07月05日 »

2018年7月 6日 (金)

2018年07月04日

2018年07月04日

 

 今朝は、久し振りに曇り空になりました。しかし、天気予報に拠れば、我が家の方は、雨が降ることは無さそうでした。

 家にじっとしているのは詰まらないので、9時半頃から、聖蹟桜が丘に行きました。歩いて行きたいのですが、2日間は、ウォーキングも禁止だそうですので、バスで行きました。

 しかし、聖蹟桜が丘に行っても、特にやることが無いのです。消極的断捨離をやっていますので、食料品と消耗品以外は、買うものが無いのです。買うものが無いと店を見ても、何も面白くないのです。今日は、食料品と消耗品すら、特に必要なものがありませんでした。仕方なく、テレビで無印良品が、中国で大人気となり、200を超す店舗を出しているとのニュースを見ましたので、何時もは素通りする無印良品の店を見に行ってみました。

 無印良品は、衣料品が主な商品だと思っていましたが、全くの思い違いでした。食器、家具、寝具、袋詰めの食料品、簡単な電気製品等、一種の百貨店の様相を呈していました。そして、この店がモットーとしている、店の名前とか特定の印を入れないと言うことの他に、デザインとか図柄が極めてシンプルでした。必要ならば、買った人が自分で、印を付けたり柄を付けたり、デザインをして下さい、そのような姿勢が良く分りました。このような商売の姿勢を支持する人が、中国に多いと言うことの意味については、まだ良く分りませんが、共産主義に係わりがあるのかも知れません。誰かが研究してくれるのを待ちたいと思います。

 何にも買わないつもりでしたが、手術後2日間は、出来るだけ柔らかいもので、刺激性の少ない食事にするようにとのことでしたので、2日分程度のレトルト食品、ナタデココ、アロエのシロップ、果物の缶詰を少しずつ買いました。最近のレトルト食品は、種類も多く、味も非常に良くなっていますので、こういう時には助かります。

 12時前には、家に戻り、検査センターから貰った最後のレトルト食品を食べて、午後は、また日記を書くことに精を出しました。普段、日記を書くことが辛いこともあるのですが、今回は、非常に助かっています。

 尾籠な話ですが、午後、検査後初めて便意がありました。検査前のような、完全な液体ではなく、色も付いて便らしくなってきました。幸いなことに血便でもありませんでした。体調も非常に良いので、早く散歩を開始したいと思っています。しかし、このような不自由さが、散歩の良さを高めるのかも知れません。

 酒が飲めないと、一番辛いのは夜です。何をやっても楽しくないのです。酒を飲めないでも、夜を楽しく過ごせる人は、酒を飲む習慣を作らない方が良いと思います。しかし、どんな人も何等かの習慣は必要なもので、その習慣が出来なくなった時は、同じような辛さを味わうでしょう。酒が良くないのは、実に手軽に人生の楽しみを手に入れる事が出来ることでしょう。怠け者の私は、死ぬまで酒を止められないと思います。酒を飲みながら船遊びをして、湖面に映った月を取ろうとして溺れ死んだと言われている、李白のように人生を送りたいと思っています。

 

「酒なくば 夏の夜までも 夜長なり 部屋をうろうろ 生甲斐探し」

「怠け者 酒1杯で 極楽に 文句言わない 生涯の友」

|

« 2018年07月03日 | トップページ | 2018年07月05日 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/554231/66906488

この記事へのトラックバック一覧です: 2018年07月04日:

« 2018年07月03日 | トップページ | 2018年07月05日 »