« 2018年05月16日 | トップページ | 2018年05月18日 »

2018年5月18日 (金)

2018年05月17日

2018年05月17日

 

 今朝は、今にも雨が降りそうな空模様でした。所が、次第に雲が切れて、日差しが出るようになりました。

 今日は、久し振りに御嶽山に行こうと思って、青梅まで行ったのですが、奥多摩方面に行く電車は、40分待たなければなりませんでした。土日で無い週日の奥多摩は、種々不便なようなので、もう一つ行こうと思っていた羽村に行って来ました。対岸の丘陵に散策コースがあることは、以前から知っていたので、今日はそこを歩くことにしたのです。

 12時半位に、羽村駅に着きました。羽村堰に向かう道を歩き、駅前では無く、道の途中にある観光案内所で、地図を貰いました。両側に丸い石で作られた石垣の間の坂道を下りた所に、禅林寺がありました。何度も来たことがありますが、今日は、御朱印を貰うことにしました。御朱印を頼むと、大黒さんが出て来て、「住職が居ないので、書いてあるものに、日付を入れるだけですがよろしいですか」と聞かれましたので、「それで結構です」と言って、御朱印を貰いました。大黒さんは、都心の方から嫁に来たらしく、まだ、羽村の詳しいことを知らないと言っていました。顔立ちの整った綺麗な方で、気さくで明るい方でもありました。

 羽村堰と玉川上水の始点を見て、羽村堰下橋を渡って、対岸へ出ました。橋の近くでは、大勢の子供達が水遊びをしていました。5月だというのに、真夏のような暑さでしたから、子供達が、水遊びを楽しむのも当然です。私も水に入りたくなりました。

 対岸の土手を遡って、羽村郷土博物館へ行きました。羽村は、武蔵野の奥の山里だったらしく、特に見るべきものはありませんでした。玉川上水の取水の為の堰だけが有名でした。展示室の一画に、中里介山の部屋がありました。全く知らなかったのですが、羽村生まれの作家で、大菩薩峠の作者でした。中里介山の墓は、禅林寺にありました。

博物館の横に、昔の茅葺きの百姓屋が移設されていました。通常、このような場所に移設されるのは、豪農の立派な邸宅が多いのですが、ここの百姓屋は、あまり裕福では無い、普通の百姓屋でした。炊事場用の土間、囲炉裏のある板間など、私が小さい頃住んでいた家を彷彿させました。私が、しげしげと家を眺めていると、この家(下田家)の子孫で、管理を任されている人が出て来ました。私より、3つ年下でした。私は長崎の山の中、彼は東京の山の中、場所は離れていても、暮らしぶりは良く似ていました。戦後の苦しい時期の思い出話が次から次に出て来て、20分以上も話してしまいました。彼は、病弱で栄養を取るような食物も無く、母親の父も出ず、1年もせず死ぬと言われていたそうですが、隣家の山羊の乳で助かったそうです。私も、結核で死んだ母のことを話しました。

その後、小作駅の方に歩くか、福生駅の方に歩くか悩みましたが、御朱印を貰う為、慈勝寺がある福生駅の方に歩くことにしました。地図の見方を間違って、少し迷いましたが、羽村大橋の所から、大澄山に上る道を見つけました。地図にもある、慈勝寺へ続く散策路でした。緩やかな山道を歩き、ものの30分程度で大澄山の頂上に着きました。標高192mでした。そこから下って、慈勝寺まで歩き、御朱印を頼みました。すると中学生と思われる子供が出て来て、「住職が居ないのでお出し出来ません」と言われました。書いてあるものも無いとのことでした。

御朱印は諦めて、長田橋を渡り、多摩川の左岸に戻りました。真っ直ぐ歩けば、福生駅でしたが、御朱印帳が、あと1つの御朱印で終わるので、どうしても御朱印が欲しくなり、橋から見えていたお寺に行きました。行ってみると田村酒造の前の寺でした。何度か来たことがあったのに、対岸の方から見たことが無く、別の寺かと思ったのです。玄関の呼び鈴を押すと、「どうぞ」と長閑な声が聞こえました。玄関を開け、御朱印帳を渡して御朱印帳に書いて貰いました。

玄関に「吾以外、皆、吾師也」という掛け軸が飾ってありましたので、私が、「これは住職の字ですか」と問うと、「いやそうではありません。所で、この字の意味をどう解釈しますか」と問われました。私は、読んで字の如く、「誰もが自分にないものを持っていて、誰からも多くのものを学ぶ事が出来る、だから、誰もが自分の師である」、そんな意味だと思う旨答えました。そうすると住職は、「それも正しいのですが、そこで終わるのは、日蓮宗です。他の人が全て、貴方が思うように考えるのであれば、貴方自身も他の全ての人の師となる訳です。つまり、学ぶ事も大事ですが、教えることも大事なのです。つまり、何事もお互いになのです。一方的に学ぼうとすると、時には戦争を是とするような考えにも遭遇し、従わざるを得ない場合も出て来ます。その時には、別の考えがあることも教える必要があるでしょう。何事もお互いにです」と教えてくれました。なんだか、民主主義を別な言葉で言われているような気がして、とても感銘を受けました。歳は、40代と思われましたが、中々見識のある住職でした。お寺は、臨済宗 長徳寺でした。

 福生駅から、立川経由我が家に戻りました。11時前に家を出たのに、帰り着いた時は、午後6時を過ぎていました。良く歩いて疲れましたが、良き出会いがありました。花も沢山見たのですが、書き切れませんね。

 

「良く変わり 良き未来を 掴み取れ 悪き過去へと 戻るは無しだ」

「老いてなお 知るべき事の 多かりき 知らざる事の あまりの多さよ」

|

« 2018年05月16日 | トップページ | 2018年05月18日 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/554231/66732576

この記事へのトラックバック一覧です: 2018年05月17日:

« 2018年05月16日 | トップページ | 2018年05月18日 »