« 2016年11月27日 | トップページ | 2016年11月29日 »

2016年11月29日 (火)

2016年11月28日

2016年11月28日

 

 朝、幕の内からでも富士がくっきり見えていましたが、直ぐに富士の周囲に雲が湧き出て、富士を隠してしまいました。しかし、風は冷たくても、全体的には良い天気でした。

 今日は、次男の休みと、孫達の休みが重なったので、皆で多摩動物園に行くことにしました。末の孫が、キリンを見たことが無いので、キリンを見せたいと娘が言っていて、以前から計画されていたものです。

 12時過ぎには、孫達がやって来て、その騒がしさに次男も起きて来ました。全員用意が出来た所で、日野バイパスにある回転寿司「すしろう」で昼食にしました。週日だと言うのに大変な混みようで、我々の前に10組ほど並んでいました。しかし、待ち時間は10分足らずでした。最近の回転寿司は、何処も流れ作業のようです。寿司が小さいので、小学3年生の孫でも、8皿16貫の寿司を食べました。

ところで、寿司の数え方の1貫を、寿司2個を1貫と言う人と、1個が1貫と言う人がいます。私は後者ですが、前者も多いようです。どちらが正しいか、ネットで調べてみたところ、どちらが正解とは言えないそうです。寿司屋によっても数え方が違うのだそうです。若し、寿司の値段が1貫当たり00円と書いてある場合は、先に1貫は、何個か聞いた方が無難だそうです。

2時近くに、動物園に着いて、娘が、先ずモグラを見たいと言うので、その線に沿って、歩く順番を決めました。多摩動物公園は、広いので半日で全部回るのは、不可能と言って良いでしょう。先ずモグラ館に行って、娘の希望通り、モグラを見ました。箱の中の土に、モグラのトンネルが出来ていて、所々からモグラが通るのを見ることが出来るようになっていました。私は、昔は、モグラを捕まえたりしたものですが、実に久し振りにモグラを見ました。

モグラ館の下に、金網の中に、見たことのある鴨達がいました。ヒドリガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、ハシビロガモ等でした。どれも渡り鳥ですから、今年渡って来た鳥だと思います。一度に多くの渡り鳥を見せようとする気持ちは、分からないでもありませんが、金網の中の渡り鳥は、何時も野外で見ている私としては、胸が痛くなりました。

今日の動物園の動物達は、非常に活発でした。コアラは、細い木を渡ったり、ユーカリを食べたり、盛んに運動をしてくれました。普段は寝てばかりのコアラしか見たことが無いので、孫達も大喜びでした。オランウータンの子供が、見学用の窓に顔を押し付けて、外を見ていました。どちらがどちらを見学しているのか、「どっちーも」が正しいのでしょう。虎は、檻の外の庭を、盛んに歩いてくれたり、木によじ登ってくれたり、サービス満点でした。カンガルーは、2匹が立ち上がって、じゃれているのか、話し合っているのか、戦っているのか、真相は良く分かりませんが、私には、話し合っているように見えました。時々は、3者会談になったりしました。

猛禽類の檻を見て、一番の目的であるキリンを見る為に、アフリカ園に入ったのは、4時前になってしまいました。4時半には、見学が終了となります。急いで、キリンの所に行きましたが、日が陰って寒くなったのでしょう、納屋に入って見ることが出来ませんでした。キリンは、次回に持ち越しとなりました。そろそろ、帰り支度をしていたら、ライオンの物凄い雄叫びが聞こえました。広い多摩動物園の、公園中に響く様な凄まじい雄叫びでした。雄叫びは、随分長いこと続きました。私も、こんな雄叫びは初めてでした。雄叫びをする雄ライオンを見ることが出来ました。最後に、チーターが、庭の方で、ほんの少しですが、走って見せてくれました。「俺の走る所を見に来たんだろう」と言わんばかりに見えを切っていました。その後、檻に戻って来て、直ぐ近くで色々ポーズをとってくれました。あまりの格好良さに、何枚も写真を撮りました。

今日の動物園は、動物達も大サービスでしたが、紅葉も真っ盛りでした。良い日に、動物園に来たものです。私は、ワライカワセミを始めて見て、その笑い声なるものを初めて聞きました。笑い声と言うより叫び声でした。顔付はカワセミに似ていますが、大きさはハトくらいあり、渓流の宝石と言われる様な美しさはありませんでした。

今日の立動物園の見学は、大人3人子供3人だったので、主として、次男が上の孫、私が孫娘、娘が末の孫の面倒をみたので、孫3人共満足でした。孫達は、最後の頃は、疲れたので、上の孫は次男、孫娘は私が肩車し、末の孫は、娘とベビーカーで移動しました。夫々に満足でしたが、特に上の孫が、一番満足したようでした。日頃は、一番上だと言うことで、あまり構って貰えず、拗ねたり寂しがったり、甘えたい気持ちを抑えていることが良くありました。今日は、それが見えませんでしたので、余程嬉しかったのだと思います。

多摩動物公園の後は、我が家で夕食にしようと言っていたのですが、次男の提案で、娘の家に変更しました。車を運転する娘が、酒を飲めないからです。料理をするのは大変ですから、途中のスーパーで、子供用の弁当、総菜、酒の肴、酒を買って、6時頃から、面白かった多摩動物園の見学に、皆で乾杯しました。末の孫だけは、動物園を出て直ぐに眠りに入り、8時過ぎまで起きて来ませんでした。起きて来た時には、自分が何故、家に戻っているのか、不思議そうでした。

何やかやと話は続きましたが、最後に、一昨日の土曜日に行われた、上の孫と孫娘の学芸会の様子を見て、お開きにしました。今日は、土曜日の学芸会の代休だったのです。身内贔屓の典型で、孫が一番上手で、一番可愛く見えました。

 

「秋の午後 孫等と楽しむ 動物園 誰かの絵で見た 憩いの一時」

「動物ら 就寝前の 一運動 見る人嬉し 元気な動物」

「枝渡り 食事の様子を 御披露す 昼寝終わりし ものぐさコアラ」

「誰知るや 百獣の王 我なりき 目力強し 虎が見え切る」

「孫達は 窓の向こうの 子猿見る 子猿窓から 孫達を見る」

「物言いか 3匹立って 協議中 取り直しかや カンガルー相撲」

「遠雷の 間近に迫る 音のする 百獣の王の 雄叫びなりき」

「一走り 終わって見え切る チーターに 皆で拍手 千両役者」

「今日だけは 伯父さん僕の 味方なり 久々燥ぐ 上の孫かな」

「ジージーは 何時でも私の ものなのよ 何時もの笑顔 孫娘かな」

「母さんが 側に居るなら 満足だ 遊び疲れた 末の孫かな」

「大人達 動物園も 肴なり 盃を合わせて 今日の締め括り」

|

« 2016年11月27日 | トップページ | 2016年11月29日 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/554231/64559089

この記事へのトラックバック一覧です: 2016年11月28日:

« 2016年11月27日 | トップページ | 2016年11月29日 »