« 2015年10月13日 | トップページ | 2015年10月15日 »

2015年10月15日 (木)

2015年10月14日

2015年10月14日

 

 朝は、雲が多かったのですが、どんどん雲が消えて、秋晴れの良い天気になりました。

 昨日、日記を書けなかったので、今朝、日記を書きました。明日は、友人が我が家に泊まるので、掃除やらベッドメイクをしました。どうせ明日は、しこたま飲んで、何にも出来ないでしょうから、今日の内にやっておいたのです。また、来週から長崎に旅行するので、出来るだけ、野菜を使った朝食にしようと、料理をして、朝食を食べている内に、午前が終わってしまいました。

 1時過ぎから、散歩に出かけ、新田川緑道を歩いてきました。これで、府中市の西部の緑道は、全部制覇しました。東部の方には、緑道らしきものを見かけませんので、府中市全部の緑道を制覇したと言っても良いかもしれません。制覇等と大袈裟なものではないのですが、、、

 稲荷神社から、中央高速の側道を歩き、正光院へ出ました。鎌倉街道に沿いの、改築されたのか新築なのか、いずれにせよ新しいお寺でした。山門の前の石碑に依れば、小野学校の発祥の地だそうです。そもそも、小野学校とは何なのか、全く知識がありませんでした。調べてみると、「小野学校は 現在の府中市立第五小学校の前身である。1873(明治6)年,当時の 屋敷分・本宿・四谷・中河原の4ヶ村が合同で「育幼学舎」を ここ正光寺に設立。翌年 「小野学校」と名称を変更し,その後「奇秀学校」「奇秀尋常高等小学校」 「西府国民学校」などの校名を経て,戦後「西府村立西府小学校」となり, 1954(昭和29)年に 現在の「府中市立府中第5小学校」となった。」との事でした。

 正光院の横は、一昨日歩いたNECの工場です。今日は正門の方に出ました。そこが、新田川緑道の始まりでした。そこから、鎌倉街道を一旦渡って、緑道が続きました。道脇に、ハコベが群生していました。こんなに群生して咲いているハコベを見るのは、初めてのような気がします。しかも、秋も半ばの、この時期なので、余計に奇妙な感じがしました。ハコベは、3月初めには咲き始める早咲きの花ですので、ほぼ8か月、花の時期が続いていることになります。

 暫く歩き、高速道路を越えると、小川が現れました。新田川です。府中崖線の崖下湧水や矢川が一緒になった、府中用水の一部だろうと思います。コンクリートで整備されていましたが、清らかな流れでした。新田川の名前の正確な由来は分かりませんが、私は、新田義貞に由来していると思います。

流れに沿って歩いていると、中河原から分倍河原に行く道路を越えて、新田川分倍公園に出ました。公園の中の新田川は、自然の小川のように整備され、子供達が遊んでいました。また、この公園は、武蔵府中郷土カルタで、「北条と新田の分倍古戦場」となっています。新田義貞は、上野の国、新田の庄の武士なのですが、この辺りで、北条勢を打ち破ったので、府中で有名らしいです。分倍河原の駅前、大國魂神社の参道に、新田義貞の銅像があります。

また、川沿いに歩いていたら、川は暗渠になり、道は袋小路になってしまいました。近くで、家の工事をしている人に道を聞いたら、ちゃんとした緑道は、直ぐ近くの高速道路沿いにありました。二人の若者が、そこまで案内してくれました。仕事中だったのに、申し訳ないことをしてしまいました。

暫く歩くと、しょうぶ池に出ました。少し広めの公園になっていました。新田川緑道は、郷土の森公園まで、もう少し続くのですか、ここから先は、何度も歩いていますので、今日の散歩は、此処で中断することにしました。丁度その時、コミュニティーバスの姿が見えましたので、停留所まで走りました。ほんの少し入っただけなのに、急だったので、息が上がり死ぬかと思いました。老人は、急に走ってはだめだと痛感しました。

このバスだと我が家の、直ぐ近くまで行ってくれます。30分に1本のバスに、うまい具合に乗れたので、4時前に家に着きました。その後、長崎旅行の調べものをし、夜は何時ものように過ごしました。

 

「秋半ば 道脇飾る 白き花 ハコベ群生 新田川緑道」

「道聞けば 道の側まで 案内する 気の良い若者 気持ちが晴れる」

「散歩終え 道の向こうに バスの見え 慌てて走り 心臓ドキドキ」

 

|

« 2015年10月13日 | トップページ | 2015年10月15日 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ラグビーのワールドカップでの活躍をワクワクしながら楽しみましたが、確かにオールジャパンとしては違和感がいなめなせんでしたが、世の中色んな意味でのグローバル化と捉え自分の違和感を払拭しました。国技である相撲界では朝潮龍が活躍していた頃は今と同じ感覚があったが、今はへーあの力士もモンゴル出身かとかあの顔付きで褌姿かとか国粋の感覚が無くなってきてよく日本の文化を身に付けてと尊敬の念迄出てきている昨今です。桜のジャージーを着てチーム一体となって日本のラグビー普及に寄与してくれてありがとうと思う事にしました。これがオリンピックになるとさてどう言う事になるか?

投稿: なな | 2015年10月16日 (金) 09時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/554231/62478152

この記事へのトラックバック一覧です: 2015年10月14日:

« 2015年10月13日 | トップページ | 2015年10月15日 »